2016年3月 2日 (水)

『本番に強い人は、ヤバいときほど力を抜く』感想②

Photo

本番に強い人は、ヤバいときほど力を抜く』の

特別動画申込み」の際にいただいた感想です。

感想を書いてくださった方で、
掲載了承OKと表示されていた方の一部を載せています。

ご感想ありがとうございます!!

********************

3月、4月は人前で挨拶する機会が増えますので、
その前にこの本と出会えたことに感謝します。
まだ全部読めてませんが、目から鱗の部分が沢山ありました。
キーワードはゆるめるですね!がんばります!
(T.Aさま)

********************

緊張が悩みで今までたくさんの本を読んできました。

今まで読んできた本はあまり効果を感じる事はありませんでしたがこの本は違いました!私はクスッと笑える事が大好きなので、ネガティブをポジティブに変換する方法の「~うっそぴょーん!」は効果絶大でした()
まだ本を買って2日目です。1日中心の中でうっそぴょーん!って言ってる自分がいて、どんだけネガティブだったんだろうと思いつつ心が軽くなりポジティブになれそう…いやなりました()←あえて言っちゃいます!

他にもたくさんなるほど~!という方法が満載です♪
この本に書いてある事を楽しみながら続けていきたいです!

私もモリバーにはやくなれるようトレーニングします( ̄∇ ̄*)
(A.Aさま)

********************

出会えて嬉しい本です。

今まさに、頼りです!
(匿名さま)

 

********************

シンプルでわかりやすい論調と実践法でスッと腹落ちしました。

立場上、人前で話すること、指示したり、判断したりすることも多く、そのたびに緊張するまいと事前に準備したり、練習したりと上手くいかせることばかり考えていました。ヘンなことは言えない、間違ったことが言えないなど自らプレッシャーをかけていました。

体をぬゆませれば、心もぬるむ・・・ホントにそう思いました。確かに体はガチガチで本書を読むと、今までうまくいかなかったのは当然と思えてきました。

 

ゆびぶら体操実践しています。長年の習慣があるので、すぐには効果出たとまではいきませんが継続することで成果が出ると確信しています。
(K.Tさま)

********************

この本を読んでいるだけで、自然と体がリラックスしていくのが、不思議ですね。いい本です。
(匿名さま)

********************

お久しぶりです!

新刊楽しみに待っていました!

読んで理論を頭で理解し、

ワークをすることで体で体感できる。

納得できたら、すぐに実践したいと思える。

今までできるだけ人前にでないようにしていましたが、

この本を読んでからは、人前に出ることがチャンスだと思えるようになりました。

 

またお会いできる時を楽しみにしています。
(I.Oさま)

********************

他の類書と違い、すごい内容だと思いました。
中でも「心の中に体がある」が腑に落ちました。
書かれている通り、今まで胸のあたりを静めようとしていたから、上手くいかなかったことがわかりました。
自分の目の前のまわりを静めるのですね。
近日中に面接があるのですが、この本のおかげでワクワクしています。
(匿名さま)

********************

大変参考になり、気持ちが前向きになりました。ありがとうございました。
(S.Kさま)

********************

人前が苦手なのに、新学期より娘の学校のPTA役員になってしまいました。
この本を読みまして、自分のことばかり考えているから緊張することに気づかされました。
そういえば…周りの人のことを考えているときは自然体でいられている♪
何度も読み返して、力まずがんばります!!
(匿名さま)

********************

|

2016年2月29日 (月)

特別動画第2弾

Photo

本日、『本番に強い人は、ヤバいときほど力を抜く』の

特別動画申込み」をしてくださった方へ、

特別動画の第2弾をお送りしました。

Photo

フリーメールなどでは迷惑メールフォルダに入ってしまったり、
携帯アドレスだと送れていない場合があります。

届いていません場合は、もう一度上記よりご登録ください。

Photo_2

特別動画第3弾は、3月に配信予定です。

|

2016年2月24日 (水)

本日の日経MJ

Img_20160224_141529_2

Dsc_2225

本日の日経MJ、3面に

「緊張ゆるめる3つの方法」

を寄稿しました。


|

2016年1月15日 (金)

『本番に強い人は、ヤバいときほど力を抜く』感想①

Photo

本番に強い人は、ヤバいときほど力を抜く』の

特別動画申込み」の際にいただいた感想です。

掲載了承OKと表示されていた方の一部を載せています。

ご感想ありがとうございます!!


********************

 

50年以上あがり症で悩んできました。類書も何冊か読み、セミナーにも参加しました。
あがりの核心を心理学的に解明した本書の説得力と著者の熱意は類書はとおく及びません。一読しただけでも肩のコリが解消した感じです。
(F.Yさま)

********************

これまでで最高に役立ちそう。
明後日の本番が楽しみになりました。
ベストセラーになって欲しいです。
ありがとうございました。
更谷啓治さま

********************

従来のハウツー本より、現実的に人の内面を分かりやすく解説されてる事に、説得力を感じとても実践的で、大変参考になります!
(匿名さま)

********************

 

森下先生の本は読みやすく、私のように理解力の乏しい者にも、こころにす~っと入ってきます。
わかりやすく実践的で、人を変える力があります。
私自身、森下先生の本に救われた者の一人です。

ここ数年、市の教育センターからボランティアの写真教室を依頼され、毎年夏に中学校の特別支援教室の生徒さんたちの前に出る経験をしておりますが、超あがり症の自分にとって、この本は指南の書となることでしょう。

「本来のポジティブ」の通り、緊張してもそれを越えようと一歩前に出ることで、伝わるものがあるとぼくも信じております。
無様な弱き、ありのままの自分をさらすことで、何かが伝われば幸せなことですね。

先生もお体に気をつけて、これからもしあわせを伝える伝導師となってください。
川島輪太郎さま

********************

 

以前から森下さんの著書は読ませて頂きましたが、どれも簡単に実践できる事が書いてあるのが印象的で、これならできるかも!となるのがいつも有難いなと思います。
気が付いた時には何に悩んでたんだ?ってなってる。
実践していった結果だと思うと、簡単なことでも馬鹿にできないなと実感します。
今回の本も簡単なワークでこれならできる!ということばかり。しかも個人的にも最近武道に興味を持っていたし、力みを抜くことが緊張を解くことかなとも思っていたので、今の自分にぴったりと一致したことに驚くばかりです。
人に勧めやすい本でもありますので、さっそく緊張することなく勧めていきたいと思いますし、今後も森下さんの軽いタッチの文章で(実はこれが重要かと)素敵な本をまた書いて頂けると有難いです。

(K.Tさま)

********************

 

本当に実践してみてビックリしました。書籍の角を折っていくことで自分の成長がわかることも良かったです!
(匿名さま)

********************

まだ、ざっと読んだだけですが、自分の体験からも森下先生の説は間違いないと思います。
私 もスピーチ恐怖症でありましたので、あれこれセミナー(話し方教室、リラクゼーション、呼吸法)などに参加したり、相当お金と時間を使いました。その中 で、ストレッチ体操は体を柔らかくしますとの情報を得て、あの頃はビデオテープでしたが購入し、暫くの間練習に励んだものです。その時の体験なのですが、 月1回の会社全体朝礼において、それまでは緊張で前を見る事も出来ず、原稿を見ながら話す事が多かったのですが、気付いたら体がリラックスしており、前を 見て話している自分がいました。
ただ、この時は体の健康の為にストレッチをやっており、スピーチとの因果関係を知る由もなかったので、いつの間にかストレッチも飽きて止めてしまい、スピーチも何時もの様に戻ってしまいました。
(H.Kさま)

********************

 

まだ全部読んでいませんが、ぐんぐん心に響いてます。
(T.Mさま)

********************

 

本書の折り目を折る達成感を味わいながら日々実践してます。
毎日の積み重ねで、私が著者のように【あがり症】を克服できる日を心待ちにしてます。私が変化するキッカケとなる本書の出版に感謝してます!
(匿名さま)

********************

 

指ぶら体操は、会議の直前でも、トイレの中などで、他人にわからないように行えるので、とても実践的で、ためになる。
(匿名さま)

********************

 

とても興味深い内容でした。
早速、指ぶら体操実践しています。
(匿名さま)

********************

 

おまじないや精神論でなく身体技法としてあがり克服トレーニングを教えてくれるたことは秀逸。
(N.Mさま)

********************

 

とても参考になりました。
いつも緊張してしまうのは
自分のことしか考えてないということがよくわかり衝撃を受けました!

相手に心を向けるように、心がけようと思います!
本当にありがとうございました。
(匿名さま)

********************

 

自分の上がり症を改善しようと一気に読み進めていっていって、いくつかのテクニックを覚え、これはいいぞといい気になって読了間近を迎えた時、「上がり症の人は女性のことしか考えていない」のくだりに頭をなぐられた気がしました。私の課題はまさしくここにあることを痛感することができました。心から感謝です。ありがとうございました。読んでよかったです。たった今から私は変わります。周囲の人達を心底大切にしていきます。目を覚まさせていただきまして本当にありがとうございました。(手にしたばかりのスマホで苦労しましたが、この思いを伝えたくてなんとか入力しました?)
(匿名さま)

********************

 

良い本でしたので、電子書籍化もして欲しいです。
朝晩、指ブラ体操しています!
(匿名さま)

********************

主人と掲載されているワークを試してみましたら、その効果にビックリしました。
まだ途中ですが、読むのが楽しみです。
(M.Mさま)

********************

おもしろすぎて一気に読んでしまいました。
心と体をゆるめることの大切さを知りました。
イライラやストレス解消に役立っています。
(匿名さま)

********************

めっちゃすごい本でした。
セミナーで聞いているような、身近でアドバイスしてもらっているような気持ちになって実践する気持ちになりました。

マニアックで難しく書きたくなるような内容を、今から出来る気持ちにさせるってすごいです。

〇リバー法を今日も朝から実践です。
ここまで書いて良いのかなぁって心配になるような本でした。

ありがとうございます。大切に実践します。
(匿名さま)

********************

Ud_151022_obi_fc_2

年末年始、版元さんが新聞に広告を掲載してくれたこともあり、
アマゾン、楽天ブックスとも「在庫なし」が続いておりましたが、
楽天ブックスさんは昨日より注文ができるみたいです。

アマゾンで購入する

楽天ブックスで購入する

 

|

2015年11月24日 (火)

本の内容を確実に自分のものにするには…

Ud_151022_obi_fc_2

最新刊『本番に強い人は、ヤバいときほど力を抜く』には、

7つの角度から、

緊張やあがりを克服する、
イライラやストレス、不安から抜け出す、
ここぞ! というときに力を発揮できる方法

を書かせていただきました。

今まで、いろいろな方法を時間をかけて、
何度も実践してきた森下が、

誰でもカンタンにできて、すぐに効果がある方法を
書いています。

言うならば、読むだけで
一番カンタンで使えるノウハウを知れるのです。

ですが、なかには、
書かれている内容をほんのちょっと試しただけで、

「自分には向いてない」
「私には才能ない!」

なんて言う人もいます。

だいたい僕は「才能がない!」
なんて言う人が嫌いなのですが――

だって、ほとんどやっていない人に限って、
「才能がない!」
なんて言い出す。

これ以上、やっても時間のムダ!
と言わんばかりに言ってくる。

1~2回とか、
時間にしてほんの10分、20分やっただけで…。

そんなんじゃ、できないの、
当たり前じゃないですか!

スマホのメール打ちだって、最初は時間がかかり、
なかなかできないもの。

10分、20分じゃ、うまく打てないですよ。
おっさん、おばさんなら特にそうでしょう。

でも、何度も何度も、そして何日も、
文字を打ってくから、
速くなってくるのではないでしょうか。

何度もこなせば、誰だって速く打てるようになります。
おっさん、おばさんだって、速くなるのです。

この前、地下鉄の千代田線に乗ってたら、
スマホ打ちが妙に速いおばあちゃんがいて
驚きましたが(笑)

Photo

今回の本に書いた内容も、
このスマホのメール打ちぐらいなもの。

慣れている人はすぐに効果があるでしょう。

でも、一番最初にスマホを手にした人は、
なかなか速く打てないのではないでしょうか。

まだ、携帯電話もなしに、最初からスマホを持てば
覚えるのも速いでしょうが、

携帯電話から移った人や、パソコンを長年やっていた人は

「ケータイの方が良かった」
「キーボードがないと打てないわ」

と過去の知識がある分、抵抗があるかもしれない。

でも、毎日のように打っていると、速くなってくるし、
自分でも効果がわかってくる。

仮に「モリバー法」なら、
最初はなかなかうまくイメージできなくても、

毎日朝の通勤電車に乗っているときでもいい。
車で信号待ちしているときだっていい。
朝、トイレで便座にすわっているときだっていい。

イメージすれば、それを何度も何度も、
毎日繰り返し行えば、

スマホのメール打ちがだんだんと速くなっていくのと
同様に、効果がわかってくるのです。

こんなのイメージしたって、1日1分です。
スマホのメール打ちよりカンタン。

動画に配信されている「指ぶら体操」もです。

まずは2週間でも、できたら1か月毎日繰り返し
やってみてください。

確実に自分のものになっていくことに
気付きますから。

Img_1146_2

Img_1147

先週末に、版元さんが日経新聞に広告を
入れてくれたそうです。
うれしいですね!

Photo

上野駅構内にあるブックエキスプレスさんでは
POPも貼ってありました。

|

2015年11月14日 (土)

THE21 2015年 12 月号

51vwridspul_2

現在、発売されている月刊誌「THE21」の
46~47ページに、

初対面後の「第二印象」で差をつけよう     森下裕道   

が掲載されています。

第一印象はもちろん重要ですが、
相手との人間関係が深まるのは二度目以降。

今後、より良い関係になるために大切なこと、
気をつけたほうが良いことを解説しています。

また、初対面や初営業で、その後、
手書きのお礼状などくれる人がいますが、

こんなのやめた方がいいのですが、
その理由もお伝えしています。

書店やコンビニなどに置かれていますので、
良かったらお読みください。

アマゾンでの購入はこちら

Img_1125_2

昨日の読売新聞の広告だそうです。

|

2015年11月13日 (金)

新刊が本日発売!

Ud_151022_obi_fc_2

久しぶりとなりましたが、

最新刊『本番に強い人は、ヤバいときほど力を抜く

が発売になりました。

緊張やあがりはもちろん、過度の不安、震え、イライラ、ストレスは、心の凝りカタまりによって生じます。

緊張したとき、よく「カタくなってるよ!」って言われるように、体もカタくなると思いますが、それは心の凝りカタまりと連動して、カタくなってしまうため。

ですので、緊張やあがりを取るには、凝りカタまってしまった心と体をゆるませればいいだけ。
これは、不安や震え、恐怖、イライラ、ストレス、焦りなどもすべてそう。

しかし、実際の場面では、とくに「ここぞ!」という肝心な場面になればなるほど、わかっていても、なかなかゆるませることができないものですよね。

そこで本書では、

具体的にどうゆるめればいいのか? 
「ここぞ!」という本番に強くなるためにはどうすればいいのか? 


を詳しく解説しています。

「あがりや緊張、手足の震えを確実に克服したい!」
「ここぞ! という本番で、力を発揮できるようになりたい!」
「ヤバい場面でも、落ち着けるようになりたい!」
「イライラや不安、ストレスから抜け出したい!」
「大勢の前でも、ビクビクせずに、楽しんで話せるようになりたい!」

という方は、ぜひお読みください!

アマゾンで購入する

楽天ブックスで購入する


Photo

版元の清流出版さんが特設ページを作ってくれ、
本書の「プロローグ」が読めたり、

森下の動画
「あがりや緊張を取るためにはどうすればいいか?」
「実践編!指ぶら体操の5つのコツ」

もあげてくれています。

ぜひ、ご覧ください。

特設ページに行く

また、本書を購入していただき、応募フォームに登録していただくと、
特典としてより濃い内容の動画プレゼントがあります。

こちらも、期待していてください!

|

2014年9月 5日 (金)

中尾享子さん最新刊「たった4時間でTOEICテストリスニング完全攻略」

本日はお知らせがあります。

あの中尾享子さんが最新刊

たった4時間でTOEICテストリスニング完全攻略
(フォレスト出版)

Dsc_1361


を発売されました。

何と言ってもこの本は、
TOEICはじめてでも600点取れる!
というのがすごいところ。

中尾さんはヴァージンアトランティックの元CAかつ
元代々木ゼミナールの人気講師でもあり、
現在は独立され、「CA合格&TOEIC200点UP塾」の塾長をされている方。

なので、その経験を活かした、まさにタイトル通りの本に仕上がっています。

さらに、わかりやすく読みやすいだけでなく、解説付きのCDまで付属。
そして、前日や当日にあわてないようすべきことまで書いてある親切さ。

あとがきに、

この本を読んでくださった方は、きっとTOEICを通じて何らかの自己実現をしようとしている方でしょう。その自己実現のほんの一助にでもなればと、全精力を込め、祈りを込めて書きました

と書かれていましたが、まさしく中尾さんの魂が込められた本になっていました。


この本を読んでいて、僕が新入社員だった頃を思い出しました。

入社した企業では、新入社員はTOEICを全員受験しなければなりませんでした。
でも、森下一人だけ受けなかった。
新店に勤務していたので、「今はTOEICよりお店の売上をあげることが大事だから!」ともっともらしいこと言って、受験日サボりました(笑)。

だけど実は、点数が悪いのがわかっていたので、逃げたのです。
あのときに、この中尾さんの本があればと思いました。

企業でもTOEICを重視しているところは多いです。
あなたが行きたい企業やお勤めの企業もそうかもしれません。
また、自己実現するためにTOEICを活用しようとしている方も多いでしょう。

ぜひ、この本を読まれてください。

書店で購入すると、中尾さんの無料セミナーや無料相談会などに参加できる特典があるみたいです。
ぜひ、中尾さんのブログもチェックしてみてくださいね。

中尾亮子さんのブログは、こちら

Dsc_0782

中尾さんが会員である「六本木ヒルズクラブ」で一緒にお食事したとき。

|

2013年11月 8日 (金)

わたしの「居場所」を見つけて、幸せになる

P107031

昨日発売の「婦人公論」の


Dsc_0852

P28~30に掲載されています。


Dsc_0853

個人的にはこの対談が一番気になった(笑)
綿矢りささんもついに念願が叶ったね!

|

2013年1月29日 (火)

結果を出す人、出せない人の話し方

あの麻生けんたろうさんが、
最新刊を出されましたので、
紹介させてください。

Img_9277

「あがり症でも大丈夫!
結果を出す人、出さない人の話し方」

(PHPビジネス新書)

森下もさっそく読みました。

ひどくあがり症だった、麻生さんが、
人一倍苦労し、そんな嫌な自分を変えようと
がんばってきただけあり、
内容がとても充実しています!

僕らが苦手としている
ビジネスでの会話パターンや、
本当は会議で意見を言いたくてもつい口を閉ざしてしまったり、
ついついビジネスでやってしまう、相手に与えてしまう悪い印象などを

良い会話例と悪い会話例を交えるなど、
具体的にわかりやすく教えてくれています。


この本で麻生さんに学ばさせてもらったことは
たくさんあるのですが、とくに「なるほど!!」と
思ったのが、

P125の
「反感を買うことなく、反対意見を言う」方法。

ここで麻生さんが、反対意見を述べるときに、
意識してほしいポイントが3つあると教えてくれています。

①必ず「私はあなたのことを理解しています」というメッセージを伝えること。

②感情に訴えてから論理を展開すること。

③「どんな意見があろうとも目標はあなたと同じだ」というメッセージを伝えること。

「なるほど!」
と思わず、線を引いてしまいました。

確かに、不採算店舗の立て直しをしているとき、
すぐにそのお店の店長やリーダーたちと良好なチームを
つくれるときは、自然とこれをしていたなと思いました。

これからは意識して行なおう。
(麻生さん、ありがとう!!)


とくに、ビジネス会話に自信がない方や、
もっと上手になりたい!
営業力をつけたい!
というビジネスパーソンには絶対におすすめ。

とにかく具体的なので、
まずはその会話例通りにするだけでも
変わってくるでしょう。


今日から、31日(木)までアマゾンキャンペーンを
開催しているそうです。

▼アマゾンキャンペーンの詳細は以下から
http://www.asoukentaro.com/asou_talk.html

この期間にアマゾンで購入すると、

エンタの神様などのネタ構成を手掛けた、
放送作家、田中イデアさんとの対談音声ファイル

『お笑い芸人に学ぶ、結果を出す話し方』

をプレゼントだそうです。
(これはおもしろそう!)

ぜひ、この機会にアマゾンでご購入くださいね!

▼アマゾンキャンペーンや本書の詳細は以下から
http://www.asoukentaro.com/asou_talk.html

麻生さんをぜひぜひ一緒に応援しましょう!!

|

より以前の記事一覧